事務所建物のポイント

事務所建物において、空調熱源のエネルギー消費は約3割を占めています。
エネルギー消費の多くを占める空調熱源に高効率化なヒートポンプを導入するにより大幅な省エネルギーを達成できます。
また、蓄熱式空調システムを導入すれば、夜間に貯めた熱を昼間に放熱することで昼間電力の削減も期待できます。

出典:省エネルギーセンター「オフィスビルの省エネルギー」

事務所建物

適用システム

導入事例

このページの先頭へ▲