業務用ヒートポンプ給湯システム設計研修会のご案内(沖縄)

【沖縄】
~ 給湯熱バランス図の作成を通してヒートポンプ給湯システム設計の実務を理解する ~
ヒートポンプ給湯システムは、省エネ性・環境性に優れた給湯システムですが、設計に際しては時間帯別給湯熱負荷の算出など、燃焼式ボイラの設計とは異なる手法が求められます。
本研修会は、当財団で作成した「業務用ヒートポンプ給湯システム設計ガイドブック」を基に、本ガイドブックの作成・改定に携わった第一線の設備設計者自らが設計手法と事例の解説をする他、
その場で受講者にモデル事例を用いた給湯熱バランス図の作成や、設計演習問題に取り組んでいただくことで、より理解を深めていただくことのできる実務者向けの内容となっております。
その他、ハイブリッド給湯システムについて設計事例や留意点の解説を行います。この機会にぜひご参加いただきますようご案内申しあげます。
           

開催日時

 平成30年11月16日(金) 開場:12:30 開演:13:00

開催会場

 沖縄県立博物館・美術館 【講座室(美術館側) 】
 沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号

定員

20名程度(先着順料)

参加費

5,000円(税込)

主催

(一財)ヒートポンプ・蓄熱センター
                              
本セミナーは建築CPD 運営会議が運営している建築CPD(継続能力/職能開発)情報提供制度の対象となります。CPD記録をご希望の方は参加者ID(建築士登録番号もしくは建築設備士番号でも可)を確認の上、セミナー当日受付にお手続きください。 

申込方法

 11月9日(金)までに下記のセミナーお申し込みフォームまたは【印刷用】ご案内の裏面にある申込書にご記入のうえ、FAXにてお申し込みください。
 
お申込フォーム 

【印刷用】業務用ヒートポンプ給湯システム設計研修会のご案内(11/16沖縄) 

予定プログラム

講 演 内 容 講 演 時 間 講 演 者
 開会挨拶および配布物確認 13:00~13:05 (一財)ヒートポンプ・蓄熱センター 
 1.ヒートポンプ給湯システムの設計手法と設計事例の解説
~ヒートポンプ給湯の設計手順及び給湯熱負荷計算、給湯熱
バランス図の作成、 機種・タンク容量選定、循環回路、
補機選定、制御設計、年間消費 エネルギー量の算出~
13:05~14:25  講師:(株)蒼設備設計
取締役 設計部長
合田 和泰 氏
 2.演習問題(ビジネスホテル) 14:25~14:55  
 休 憩 14:55~15:05  
 3.演習問題の解説 15:05~15:35  講師:(株)蒼設備設計
取締役 設計部長
合田 和泰 氏
 4.ハイブリッド給湯システムの解説
~ハイブリッド給湯システムの概要、システム例と試算例の
解説、 設計上の ポイント(環境性、経済性、留意点)~
15:35~16:55   講師:(株)蒼設備設計
取締役 設計部長
合田 和泰 氏
 5.質疑および閉会挨拶(アンケート記入) 16:55~17:00  (一財)ヒートポンプ・蓄熱センター
この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部 給湯研修会事務局
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲