『ヒートポンプ・蓄熱システム先進導入事例セミナー』&『“さっぽろ創世スクエア”地域冷暖房施設見学会』開催報告

 1122日、さっぽろ創世スクエア(札幌市)にて「ヒートポンプ・蓄熱システム」の採用により大幅な省エネルギーを実現された先進的な導入事例を対象としたセミナー・施設見学会を開催し、設備・建築関係事業者・団体など、28名のご参加をいただきました。
 本セミナーでは、当センターから「低炭素社会実現の鍵を握るヒートポンプ・蓄熱システムの至近の動向」を紹介した後、三建設備工業株式会社様より「地中熱と空気熱のハイブリッド空調の採用により、寒冷地のオフィスビルでZEB Ready を実現」と題して「札幌三建ビル(札幌市)」の事例を、また株式会社北海道熱供給公社様からは「大型蓄熱槽を完備したCGS 活用型DHCの概要~地球環境にやさしい都心と防災機能向上を目指して~」と題して「さっぽろ創世スクエア(札幌市)」の講演をいただきました。
 「創世エネルギーセンター」の施設見学では、ターボ冷凍機・冷水蓄熱槽等の熱源設備、中央監視などを見学いただきました。
 当センターでは、低炭素・脱炭素社会実現に必要不可欠であるヒートポンプ・蓄熱システムの普及拡大を図るため、今後の先進導入事例セミナー・見学会を計画していきますので、是非ご参加ください。

   
                           



  



ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲