低炭素都市づくりシンポジウム(大阪)のご案内(募集終了しました)

【大阪】

現在、低炭素社会形成に向けた取り組みは、世界各国共通の喫緊の課題となっております。都市づくりは長期にわたって温暖化ガス排出量に大きな影響を及ぼすことになるため、低炭素化の取り組みを徹底していくことが、都市計画・環境行政及び都市づくりにおける社会的使命と考えております。
今回は、公益社団法人日本都市計画学会と一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターとの共催で、低炭素都市づくりに関してシンポジウムを開催いたしますので、この機会に是非ご参加いただきますようご案内いたします。

開催日時

平成26年3月6日(木) 受付開始:12:30 講演開始:13:00

開催会場

大阪市立大学 文化交流センター
住所:大阪府大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階

交通機関

JR北新地駅徒歩約3分、JR大阪駅 徒歩約10分

定員

100名程度(先着順、参加費無料)

主催

公益社団法人 日本都市計画学会 低炭素社会実現に向けた特別委員会
一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センター

後援

国土交通省(予定)、経済産業省資源エネルギー庁(予定)

協賛

特定非営利活動法人 日本都市計画家協会 低炭素まちづくり研究会

申込方法

2月21日(金)までに下記のシンポジウムお申し込みフォームまたは【印刷用】ご案内の裏面にある申込書にご記入のうえ、FAXにてお申し込み下さい。申し込み受付け後、参加証を発行いたします。
*定員に達しましたので、募集を終了させていただきました。

予定プログラム

講演内容(予定) 講演時間 講演者
主催者挨拶 13:00~13:05 日本都市計画学会
低炭素社会実現に向けた特別委員会委員長
小澤 一郎 氏
1.エコまち法の概要と低炭素まちづくり計画作成
マニュアルについて
13:05~13:45 講師:国土交通省都市局都市計画課
企画専門官(※1)筒井 祐治 氏
2.大阪臨海部におけるエネルギープロジェクトの最新動向 13:45~14:15 講師:大阪市環境局環境施策部
エネルギー政策担当
課長代理(※2)西田 壮一 氏
3.下水熱利用の現状と海外における取組事例 14:15~14:45 講師:大阪市立大学大学院
特任教授(※3)中尾 正喜 氏
4.熱の有効利用に関する政策状況 14:45~15:05 講師:経済産業省
休憩 15:05~15:20
5.パネルディスカッション
「低炭素都市づくりを目指してエネルギーの
有効利用を進めるためには」
15:20~16:50 コーディネーター
日本都市計画学会 小澤 一郎 氏
パネリスト 4名
神戸市都市計画総局計画部
低炭素都市担当課長 西 修 氏
国土交通省(※1)筒井 祐治 氏
大阪市(※2)西田 壮一 氏
大阪市立大学(※3)中尾 正喜 氏
 
この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部 シンポジウム事務局
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲