News Release

2018年2月 28日
国際銅協会(ICA)
一般社団法人日本銅センター(JCDA) 
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター(HPTCJ)


            ICA、JCDA、
HPTCJ協同プロジェクト
-2年目事業の実施について


    国際銅協会(ICA)、一般社団法人日本銅センター(JCDA)及び一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター(HPTCJ)は、アジア・ヒートポンプ・蓄熱技術ネットワーク(AHPNW)等の活動を通じて、東南アジア地域での「ヒートポンプ・蓄熱システム」の理解促進活動を進めてきました。
   地球温暖化を防止する上で、エネルギー消費拡大のポテンシャルが大きいアジア各国におけるヒートポンプ技術のさらなる普及促進を目的として、2017年よりICA ,JCDA 、及びHPTCJは共同プロジェクトを実施しております。
 今回共同プロジェクト1年目事業を深化させたものとして2年目事業を実施することで関係者間(ICA/JCDA/HPTCJ)で合意し、そのことを付記した事業覚書「「Appendix of “ICA Project Proposal”」に署名締結(2018年2月28日)致しました。

 【共同プロジェクト 2年目事業の概要
 

  〇
共同プロジェクト1年目事業「アジア3地域(日本、韓国、台湾)での高効率ヒートポンプ機器の普及状況と普及ポテンシャルの調査」を踏まえ、2年目事業については、ヒートポンプ機器の中でもヒートポンプ給湯機にターゲットを絞った調査を実施します。

  ▶ 日本、韓国、タイにおいて、ヒートポンプ給湯機導入に対する優遇措置を含めた法規制、給湯機に使用す
   る上水の水質、エネルギーインフラ等、ヒートポンプ給湯機普及に影響を与える要因の比較調査を行い、
    3ヵ国(日本、韓国、タイ)のヒートポンプ給湯機普及に向けた課題を検証します。あわせて国内外の
   政策担当者向けリーフレットを作成し、日本国内外でヒートポンプ給湯機の普及啓蒙活動につなげていき
   ます。


  ▶ 2018年9月に韓国釜山で開催するAHPNWワークショップにおいて、3ヵ国(日本、韓国、タイ)の比較調査
      結果を報告します。あわせて東京ワークショップ(2017年10月31日)で提言した「AHPNW東京宣言」に対す
      る各国の履行状況を確認し、AHPNW加盟国政府関係者、業界関係者等に対して、ヒートポンプ給湯機の普
   及を活性化させる有用情報を提供します。


【参考①:3団体の概要】
 

国際銅協会:ICA

(International Copper Association)

日本銅センター:JCDA

(Japan Copper Development Association)

ヒートポンプ・蓄熱センター:HPTCJ(Hear Pump &Thermal Storage Technology Center of Japan)

【設立】1989年1月

【設立】1964年11月

【設立】1986年8月

【活動目的】

"銅市場を守り、成長さ

せると共に、世界中の

人々の生活の質向上に

貢献する”

【活動目的】

・銅・銅製品に関する技術研究及びその成果の応用研究

・銅・銅製品の流通及び消費の改善に関する調査研究

・銅・銅製品の研究の成果の発表その他銅及び銅製品知識の普及

【活動目的】

・ヒートポンプ・蓄熱システムに関する広報、普及啓発活動

・ヒートポンプ・蓄熱システムに関する技術支援活動

・ヒートポンプ・蓄熱システムに関する国際協力活動

【本部】ニューヨーク

【本部】東京

【本部】東京

【団体トップ】

会長:Jean-Sebastien

Jacques

<Rio Tinto Plc

Chief executive>

【団体トップ】

会長:中田佳明氏

<三井金属鉱業代表取締役社長>

【団体トップ】

理事長:小宮山宏氏

<東京大学第28代総長、

三菱総合研究所理事長>

【会員企業・団体】

・世界各国の銅鉱山、製錬会社32社及び銅加工会社8社

【会員企業・団体】

会員:4団体(日本鉱業協会他2団体)及びICA

賛助会員:24社

【会員企業・団体】

賛助会員企業(団体):93社

  
【参考②:AHPNWの概要】

・設立 :2011年10月

・設立目的:アジアでのヒートポンプ・蓄熱システムの普及促進

・加盟団体:日 本:ヒートポンプ・蓄熱センター(HPTCJ)

中 国:中国建築科学研究院(CABR)

韓 国:韓国産業技術試験院(KTL)

ベトナム:ハノイ工科大学(HUST)

タ イ:モンクット王トンブリー工科大学(KMUTT)

インドネシア:インドネシア冷暖房・熱流体技術研究所(HCTFTI)

イ ン ド:インド資源エネルギー研究所(TERI)

・活動内容 :①ワークショップ開催:日本(2011年)、韓国(2012年)、ベトナム(2013年)、中国(2014年)、インドネシア(2016年)、日本(2017年)

②ニューズレター発行(年2回)③ホームページによる情報発信

  
【印刷用】本プレスリリースPDF   
 
                      
                      
           
この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 担当 廣瀬(国際技術研究部部長)
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号 ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2404 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲