「平成28年度 電力負荷平準化・省エネルギー社会実現セミナー  ~蓄熱×ヒートポンプ=スマート空調・給湯システム~」開催のご案内(四国地区 松山)

【四国地区 松山】
現在、電力負荷平準化や省エネルギー社会実現は、喫緊の課題となっております。ヒートポンプは投入されたエネルギーの数倍もの熱エネルギーを取り出す技術であり、省エネルギーを実現する技術として近年特に注目されています。また、蓄熱システムは、電力負荷の小さい夜間にヒートポンプにより冷温水を蓄熱槽に蓄え、この蓄えたエネルギーを電力負荷の大きくなる昼間の空調に利用して、電力ピークを抑制するというシステムです。
本セミナーでは、有識者をはじめ第一線でご活躍の講師陣を迎え、蓄熱×ヒートポンプのスマート空調・給湯システムの最新技術を紹介するとともに、電力負荷平準化や省エネに取り組む建物のご紹介等を通じ、電力負荷平準化や省エネルギーの重要性を広く理解頂きたいと考えております。つきましては、この機会に是非、ご参加いただきますようご案内申しあげます。

開催日時

 平成28年11月18日(金)   受付開始:13:00 講演開始:13:30

開催会場

 松山市総合コミニュティセンター【2階 第1・2会議室 】
 松山市湊町七丁目5番地 TEL: TEL 089-921-8222        

交通機関

 ●松山市駅から
  ・伊予鉄バス(JR松山前行き)または(津田団地前行)約3分
    松山コミニュティセンター前で下車

●JR松山駅前から
  ・伊予鉄バス(久米駅前行)約2分
    松山コミニュティセンター前で下車

●伊予鉄電車 高浜線(大手町駅)から徒歩約7分
  ・郡中線(土橋駅)から徒歩約10分

定員

 70名程度(先着順、参加費無料)

主催

 一般財団法人 ヒートポンプ・蓄熱センター

協賛 [50音順 ]

 公益社団法人 空気調和・衛生工学会、一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構、
 一般社団法人 建築設備技術者協会、一般社団法人 建築設備綜合協会、
 一般財団法人 建築保全センター、一般社団法人 公共建築協会、
 一般財団法人 省エネルギーセンター、
 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構、
 公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会、電気事業連合会、
 一般社団法人 電気設備学会、一般社団法人 日本建築学会、
 一般財団法人 日本建築センター、一般社団法人 日本設備設計事務所協会、
 一般社団法人 日本ビルエネルギー総合管理技術協会、
 一般社団法人 日本ビルヂング協会連合会、公益社団法人 日本冷凍空調学会、
 一般社団法人 日本冷凍空調工業会、一般社団法人 日本冷凍空調設備工業連合会、
 公益社団法人 ロングライフビル推進協会

本セミナーは建築CPD運営会議が運営しております建築CPD(継続能力/職能開発)情報提供制度の対象となります。
※ CPD記録のご希望の方は、参加者ID(建築士登録番号もしくは建築設備士番号でも可)をご確認の上、セミナー当日、受付にてお手続きください。

申込方法

11月11日(金)までに下記
セミナーお申し込みフォーム
または
【印刷用】本案内の表面下部にある申込書にご記入のうえFAX
にてお申し込み下さい。申し込み受付け後、受講証を発行いたします。

予定プログラム

講 演 内 容 講 演 時 間 講 演 者
 1.ヒートポンプ・蓄熱システムの電力負荷平準化・省エネルギー効果 13:30~14:50
講師:
東京電機大学 未来科学部
建築学科 特任教授          
柳原 隆司 氏

休 憩  14:50~15:00   
 2.省エネルギー政策の動向 15:00~15:40
講師:
経済産業省 四国経済産業局
資源エネルギー環境部
省エネルギー対策官
岡本 徹 氏

 3.あかがねミュージアムにおける井水熱を利用した設備設計事例
15:40~16:20
講師:
株式会社日建設計
エンジニアリング部門 設備設計部
笠原 万起子 氏
         
 4.横浜市鶴見区総合庁舎における水蓄熱システムの設備改修と
  さらなる運用改善
16:20~17:00
講師:
高砂熱学工業株式会社 横浜支店
ファシリティ・ソリューション部
設計1課 主査
三宅 宏 氏           

この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部 セミナー事務局
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲