令和元年度「蓄熱技術研修会」水蓄熱・設計コース開催報告

 9月26・27日の2日間、愛知工業大学 河路教授をはじめ、第一線で活躍される設計者・設備技術者の方々を講師陣に迎えて、水蓄熱・設計コースを開催いたしました。
 初日には、熱負荷計算結果を利用した熱槽効率・蓄熱槽容量の決定、さらに年間消費エネルギーの試算を、当センターオリジナルのプログラムTESEP-WとTES-ECOを用いて説明、また演習体験をしていただきました。演習はグループ形式で行われ、相互理解をより高めていただきました。また計画段階に役立つ蓄熱システㇺのダイアグラム作成ツールの紹介していただきました。
 二日目には、蓄熱を採用する場合に検討・考慮すべき重要ポイントを、計画・設計・施工・試運転調整・計測関係等のフェーズや機能に別けて説明をしていただきました。

 今年度は、今後も5コースを開催予定です。この機会にぜひご参加ください。
 
【研修会風景】

      愛知工業大学 河路教授                   グループ演習風景

 蓄熱技術研修会のプログラム・お申込みはこちら↓
http://www.hptcj.or.jp/index/event/tabid/1040/Default.aspx
 




この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲