便利・快適・安全・安心!

ココがよかった導入のポイント

私たちが望む環境を実現できた

夫の退職を機に、40年間住み慣れてきた自宅を新築しました。やはり家が暖かいと安心します。特に寒さが厳しい時期はホッとします。以前の家の時は、冬場の家の中は10℃以下でしたから、子どもたちは、「特に朝がつらい」と言っていました。今は満足しているようです。
以前の暖房は石油ファンヒーターでした。安全面や換気に多少の心配がありましたが、つらかったのは灯油を2階の自分たちの部屋まで運ばなくてはいけなかったこと。今はそのような手間をかけずに、望んだ快適性を新しいオール電化の家が作ってくれますし、逆に言えば、私たちが望む環境もこの家のおかげで作りやすくなりました。

外出先から帰ってきた時も家の中が暖かい!

家を新しくして一番うれしかったのは、冬場に外から帰ってきて感じる家の中の暖かさ。今までは外出先から帰ってきてすぐに暖房をつけても、部屋が暖まるまで時間がかかり、そうかといって安全面を考えると、暖房器具をつけっぱなしにしたり、タイマーをかけて出かけることも不安でした。

オール電化のキッチンで、火の元安心!調理時間短縮!!

新築する前は、エコキュートなどのオール電化は特に必要ないのでは?と思っていましたが、お湯はすぐ出て、お風呂もあっという間に沸くので、今はなくてはならない存在。また、キッチンのコンロがIHになり、調理の時間が短縮され、お湯が沸くのもすごく早くなりました。それに、火の元を気にしないで安心して出かけられるようになりました。

新しい家が、きれいな空気を循環させ、環境にも配慮してくれる

オール電化になり、灯油代がいらなくなったことに加え、蓄電池や太陽光発電も入れたので、光熱費のコストはぐんと下がりました。
今は省エネ・省CO2に貢献できる環境にも配慮した住まいになっているので、とても満足しています。
エコキュート、蓄電池、太陽光発電…。「これらを設置して良かった」と心から感じるのはもう少し経ってからかもしれませんが、「この家を建て、このシステムを導入したのはベストな選択だった」とこれから徐々にわかってくることが、今から楽しみです。

このページの先頭へ▲