ヒートポンプ・蓄熱製品

身の回りにはたくさんのヒートポンプ・蓄熱製品があります。

エコキュート 2001年に世界で初めて日本が製品化した自然冷媒(CO2)ヒートポンプ式給湯機です。大幅な省エネ・省CO2を達成する次世代の高効率給湯機です。

太陽光や風力と同じ「再生可能エネルギー」である「空気の熱」を利用した
ヒートポンプ技術でお湯を沸かすとても環境にやさしく省エネです。

詳しくはこちらのページを参照ください。

エアコン 家庭の空調に利用されているエアコンはヒートポンプ方式を採用しています。最近はAPF(通年エネルギー消費効率)が7を超える製品もあり、省エネルギー化が進んでいます。また、最近の製品ではフィルター自動掃除機能、空気清浄機能、除菌機能、人感知センサー機能、消費電力表示機能などさまざまな機能が装備されており、快適性・省エネ性ともに大きく進歩しています。

床暖房 エアコンのように室外機で床暖房に適した温度の温水をつくり、床下に敷設したパイプの中にその温水を循環させて暖房します。ヒートポンプを使って温水をつくるので、ヒーター式の蓄熱式床暖房と比べて省エネです。

温水式床暖房とエコキュートと組み合わせた製品などがあります。室外機を兼用できるので省スペースで設置できるなどのメリットがあります。

ヒートポンプ式洗濯機 洗濯機の中のヒートポンプユニットを利用して衣類を乾燥する洗濯乾燥機です。エアコンの冷房側で温度を下げて除湿して、高温側で乾燥させるしくみ(エアコンの冷房で考えると、低温側が室内機、高温側が室外機)。従来のように乾燥用の電気ヒーターと除湿用の水を使用しないので、省エネです。

ヒートポンプ式温水融雪システム ヒートポンプで温水をつくり、住宅の駐車場などの雪を融かす用途に利用されています。

冷蔵庫 家庭の冷蔵庫の大部分はヒートポンプ方式を採用しています(一部ワイン用冷蔵庫などはペルチェ式)。ヒートポンプを利用して、冷蔵庫内の熱を外に移動させることによって冷却しています。最近は、真空断熱材の採用やセンサーによる運転管理などによる省エネ化が一層進んでいます。また、冷蔵庫は、庫内から庫外へ熱を移動させているので、冷蔵庫のまわりはなるべく壁などにくっつけず間隔をあけてあげた方が熱が放出されやすく省エネにつながります。

このページの先頭へ▲