ヒートポンプの利用範囲

ヒートポンプは-100℃から100℃程度の温度帯での利用が可能です。
一般的な熱利用範囲はヒートポンプで十分まかなうことができます。

ヒートポンプ技術の適用分野

冷凍、空調、給湯に必要な温度帯はヒートポンプで十分まかなえます。
従来から、冷蔵庫や冷房などの冷却用途ではヒートポンプが盛んに使われてきましたが、技術開発により、暖房(特に寒冷地)や給湯、蒸気など、さまざまな加熱用途での普及拡大が進展しています。

ヒートポンプの利用範囲

ヒートポンプは冷蔵・冷凍、空調、給湯、加熱と様々な熱を作り、エリア・用途も拡がっています。

ヒートポンプの歴史

ヒートポンプの歴史は製氷用冷凍機から始まり、主に冷熱用途で使われてきました。

活躍の場を広げるヒートポンプ

現在では、給湯、加熱分野などさまざまな用途や業種にも活躍の場が拡がっています。

このページの先頭へ▲