蓄熱とは

蓄熱システムは熱源機と空調機の間に蓄熱槽を設けて熱を蓄えることにより、熱の生産と消費を時間的にずらすことが可能なシステムです。
たとえば、夜間に熱源機を運転して空調に必要な冷温熱を作って蓄熱槽にためておき、昼間にその熱を取り出して空調するといった運転が可能です。

「蓄熱」を導入すると

「蓄熱」による運転イメージ

熱の生産と消費をずらすことができると、さまざまなメリットがあります。

このページの先頭へ▲