東南アジア諸国へのヒートポンプ給湯機の普及促進に向けた調査に関する公募について

令和元年6月10日
ヒートポンプ・蓄熱センター
                       

 1.目的

 当センターでは、東南アジアでの地球温暖化防止に資するヒートポンプ給湯機普及を目的として、 AHPNW (アジアヒートポンプ 蓄熱技術 ネットワーク )加盟団体と協力してアジア各国におけるヒートポンプ給湯機の普及へ向けた取り組みを進めています。
 また、平成30 年度より、センター内に「東南アジアHP給湯機 ・蓄熱システム普及員会(以下、普及委員会)」を設立し、ASEAN10か国に関するヒートポンプ給湯機 関連比較や東南アジアへのヒートポンプ給湯機普及に向けた検討ロードマップ(案)等を作成し、検討を進めています。また、先行してベトナムにおいて、現地関連省庁との意見交換やワークショップ開催等を行い、現地ニーズの把握に努めています。
 この度、普及委員会の活動として、当センターでは、対象国ベトナム、タイ、インドネシアの3ヵ国の、主に民生業務部門を対象とした給湯需要ポテンシャルおよびヒートポンプ給湯機のニーズ調査業務委託について公募を実施します。

2.業務内容

 業務内容については、業務委託仕様書(添付資料1)の通りとします。

3.公募期間 ※募集は終了しました

 令和元年 6月 17日(月)~ 令和元年6月 21日(金)17:00迄

4.応募要件

  以下(1)~(6)を全て満たしている民間団体等とします。
(1)公募期間内に応募書類を提出すること
(2)当該委託事業を円滑に遂行するために必要な能力・体制を有し、実施できること
(3)当該委託事業を円滑に遂行するために必要な経営基盤を有し、且つ資金等について十分な管理能力を有して
   いること
(4)公正な競争の執行を妨げないこと、又は公正な価格を害さない若しくは不正の利益を得るために連合しない
   こと
(5)採択者が契約を結ぶこと又は契約を履行することを妨げないこと
(6)上記(1)~(5)のいずれかに反する事実があった後2 年を経過しない者を、契約の履行に当たり、代理
   人、支配人その他の使用人として使用していないこと

5.提出書類

 公募期間内に以下(1)~(6)の書類を必要部数揃えて、下記提出先に提出して下さい。なお、申請書類の記載内容については標準記入要領(添付資料2)を参照して下さい。
(1)見積書(様式自由)< 1 部>
(2)申請者業務概要書(様式1)< 1 部>
(3)企画提案書(様式自由)<1 部>
(4)登記簿謄本又は印鑑証明(発行日以降3 ケ月以内のもの)<1 部>
(5)事業報告書及び収支決算書  <1 部>
(6)定款 <1 部>
 ただし、(4)~(6)に関しては、過去2 年間に当センターの業務を請け負った実績のある申請者は提出不要とします。

6.応募書類の提出先ならびに問い合わせ先

 上記の定められた応募書類を持参により、公募の締切り日までに以下に提出してください。
 【提出先ならびに問い合わせ先】
  〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-28-5 ヒューリック蛎殻町ビル6 階
  一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 国際・技術研究部 竹内  宛
  TEL:03-5643-2404 FAX:03-5641-4501            

7.審査方法

 企画提案方式によって決定します。

8.契約条件

 契約条件は以下(1)~(3)の通りとします。
(1)委託契約とします。
(2)採択予定件数
   1件の予定とし、予算内で採択します。
(3)実施期間
    原則、契約締結日から令和2年3月31日迄とします。

9.その他

 以下(1)~(3)についてあらかじめご了承下さい。
(1)受理後の提案書等は返却できません。
(2)提案書等に記載された内容については、委託契約締結の前提となるので、実現が確約されることのみ記載し
   て下さい。採択を決定した後であっても、記載された内容に変更があった場合は採択を取り消すことがあり
   ます。
(3)審査の結果については後日、全ての申請者に対して通知します。また、通知方法は、電話、郵送、E-mail
   のいずれかとします。
   

以 上

 
お問合せ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 国際・技術研究部 竹内 宛
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2404

過去の公募 | 過去の公募結果

このページの先頭へ▲