「令和元年度電力負荷平準化・省エネルギー社会実現セミナー(福岡)」開催報告

 

 10月18日に、福岡県福岡市にあるTKPガーデンシティ天神にて、当セミナーを開催いたしました。
基調講演(80分)、省エネルギー政策講演(40分)、事例講演(40分×2)という構成で、4講演を実施いたしました。
 設備オーナーをはじめ、運転管理者や設備設計者など、63名のご参加をいただき、大変盛況となりました。
 ご講演者・タイトルは以下の通りでございます。

        基調講演:「蓄熱式空調システムによるBCPと
              温度成層型蓄熱槽の簡易設計法」
                    四国職業能力開発大学校
             校長 相良 和伸 氏
  省エネルギー政策講演:「省エネルギー施策の動向について」
                          九州経済産業局 資源エネルギー環境部エネルギー対策課
                          省エネルギー係長 大石 理 氏
            事例講演Ⅰ:「長崎みなとメディカルセンター
                          ヒートポンプ給湯排熱冷水利用の計画と効果の検証」
                         大成建設株式会社 設計本部設備設計
                          室長 龍 英夫 氏
            事例講演Ⅱ:「市庁舎のヒートポンプ蓄熱システム」
                         株式会社安井建築設計事務所 環境・設備部 
                         主幹 榎本 丈二 氏

        
        セミナー風景

この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部 セミナー事務局
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ

このページの先頭へ▲