「令和元年度電力負荷平準化・省エネルギー社会実現セミナー(那覇)」開催報告

 

 11月29日に、沖縄県那覇市にある沖縄県立博物館・美術館にて、当セミナーを開催いたしました。
 基調講演(80分)、省エネルギー政策講演(40分)、事例講演(40分×2)という構成で、4講演を実施いたしました。
 設備オーナーをはじめ、運転管理者や設備設計者など、40名のご参加をいただき、大変盛況となりました。ご講演者・タイトルは以下の通りでございます。

          基調講演:「ヒートポンプ・蓄熱システムの省エネルギー
                                                              およびディマンドリスポンス効果」
                株式会社RY環境・エネルギー設計
                            所長 柳原 隆司 氏
     省エネルギー政策講演:「省エネルギー政策の動向について」
                            内閣府沖縄総合事務局 経済産業部 エネルギー対策課
                            課長補佐 宇座 守 氏
               事例講演Ⅰ:「業務用ヒートポンプ活用による省エネと導入事例・導入効果について」
                            三菱重工サーマルシステムズ株式会社 営業部熱ソリューション営業課
                            主席技師 岡田 敦 氏
               事例講演Ⅱ:「病院におけるエネルギーセンター棟の更新事例」
                            日本ファシリティーソリューション株式会社 都市ES推進室
                            主幹技師 常本 祥子 氏

                               
                                                                    セミナー会場風景

この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 蓄熱技術部 セミナー事務局
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2403 FAX.03-5641-4501

ヒートポンプ・蓄熱センタートップページ