地下熱利用とヒートポンプシステム研究会 令和2年度会員募集のご案内

 

1.研究会の目的

 本研究会は、地下熱を利用するヒートポンプシステム及び、地下蓄熱技術などに関する情報交換・技術調査・研究開発・技術標準化などの活動を通じ、会員相互の啓発と技術水準の向上を図ることを目的とします。

2.組織および運営

 本研究会は、大学・研究機関等の研究者をはじめ、設備メーカー・エネルギー・ゼネコン・設計事務所・コンサルティング・その他各種設備関連企業の技術者・研究者などから構成され、各種勉強会・講演会・国内外の調査・研究ならびに技術交流・研究発表会・普及啓発活動を行います。
 また、IEA(国際エネルギー機関)エネルギー貯蔵技術協力プログラム(ES TCP)における各種研究成果・情報についても、適宜紹介しています。

3.これまでの活動状況

 本研究会は、平成14年度以降、国内外各地において毎年4回程度の研究会(研究発表会、講演会、見学会など)を開催してまいりました。また、国際共同研究としてIEAヒートポンプ技術協力プログラムAnnex29「土壌(地中)熱源ヒートポンプ-市場と技術の障壁の克服」(平成22年終了)ならびにIEAエネルギー貯蔵技術協力プログラムAnnex21「(地中熱利用における)熱応答試験」(平成23年終了)、同Annex27「地中採熱ボアホール蓄熱における設計・施工・運転時の品質管理」(令和元年終了)の分科会活動や、海外調査活動なども行ってまいりました。
 2019年度の活動実績は、以下の通りです。
     4月 Annex27メンバーとの合同ワークショップ(大阪市内)
     7月 講演会(東京都内)
   10月 見学会(和歌山県内)
   12月 見学会(茨城県内)
   *上記のほか、本年3月に見学会・研究発表会を実施予定としておりましたが、新型コロナウイルスの影響により時期
      を延期しております。

4.令和2年度の活動内容

 令和2年度におきましても、講演会、地下熱利用施設の見学会、研究発表会など年4回程度の研究会を開催する予定です。

5.主査

主査: 北海道大学大学院 工学研究院     長野 克則 教授

6.活動期間

令和2年4月1日~令和3年3月31日(毎年募集)

7.入会資格

以下のいずれかに該当する法人
① ヒートポンプ・蓄熱センター賛助会員 もしくは 同賛助会入会を検討している法人
② 2019年度 地下熱利用とヒートポンプシステム研究会 会員

8.会費

年会費は1年間の一括払いとし、申込書をいただいた後に請求書を送付します。

一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 賛助会員法人: 77,000円 /社・年(消費税10%込)
非賛助会員法人:115,500円 /社・年(消費税10%込)

9.参加申込方法

別紙(参加申込書)ご記入の上、郵送またはE-mail、FAXにて事務局宛にお送り下さい。
お申込は随時受け付けておりますが、期中でご入会の場合も年会費は上記額の通りとなります旨 ご了承ください。
>>会員募集のご案内.pdf
>>お申込みフォーム(Word形式)

9.連絡先(事務局)

一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 地下熱利用とヒートポンプシステム研究会事務局 首藤
(TEL:03-5643-2404 FAX:03-5641-4501 e-mail:shuto.takayoshi@hptcj.or.jp

Firefoxをお使いの方へ(ワード形式のダウンロード方法)
>> お申し込みフォーム(Word形式)を右クリック→「リンクに名前をつけて保存」→任意の場所に保存してください。
PDFを閲覧するためのプラグインはここからダウンロードできます。
Get Acrobat Reader