家庭部門のエネルギー消費について

家庭における燃料別エネルギー消費量は、快適さの追求などにより増加しています。

家庭における燃料別エネルギー消費量

家庭の消費エネルギーのうち冷房・暖房・給湯といった熱需要は全体の半分以上を占めています。

暖房・給湯のエネルギー源をみると化石燃料の燃焼の割合が大きいことがわかります。従来型給湯器とエコキュートの年間一時エネルギー消費量を比較するとエコキュートは高い省エネ性と環境性により、給湯のエネルギー消費量を約30%削減できます。

エコキュートの省エネルギー効果

エアコン(暖房時)の省CO2効果

エアコン(暖房時)の省CO2効果

                                                           【試算条件】
                                                            ・CO2排出係数:電気0.351kg-CO2/kWh、灯油2.49kg-CO2/kL、都市ガス2.23kg-CO2/㎥
                       ・発熱量:電気3.6MJ/kWh、灯油36.7MJ/kL、都市ガス45.0MJ/㎥
                       ・機器効率:ヒートポンプエアコン6.0
                                                                                                (ヒートポンプ・蓄熱センター試算)