国際機関編

脱炭素化社会実現に向けて

 脱炭素化社会の実現に向けて、国際機関ではヒートポンプの果たす役割がますますクローズアップされています。

国際連合

国連気候変動枠組条約
 地球温暖化問題に関する国際的な枠組みを設定した環境条約であり、1992年に採択され1994年に発効した。
 締約国会議は、COP(Conference of the Parties)と呼ばれ、毎年年末(11月~12月頃)に開催されている。
 京都議定書(COP3:~2020年)、パリ協定(COP21:2020年~)によって条約の目的達成のための枠組みが
 決められている。

 国連気候変動枠組条約締約国会議(環境省)へのリンクはこちら

 国連気候変動枠組条約とパリ協定の関係について(経産省)へのリンクはこちら 

IEA  International Energy Agency

◆World Energy Outlook(世界エネルギー展望)
 ・WEO2020(2020年10月)
        ダウンロードはこちら(原文)   要約版(日本語) **準備中**

 **World Energy Outlook(WEO)とは**  過去のレポートのダウンロードはこちら
 エネルギーの需給や技術開発に関する見通しなどを示したIEAを代表する世界的に権威のある報告書です。
 (1977年の初版以降毎年発行)


◆Energy Technology Perspectives(エネルギー技術展望) 
 ・ETP2020(2020年9月)
     ダウンロードはこちら(原文)   要約版(日本語)

  ・Special Report on Clean Energy Innovation(2020年7月)
     ダウンロードはこちら(原文)   要約版(日本語) 

 **Energy Technology Perspectives(ETP)とは**  過去のレポートのダウンロードはこちら
 ネットゼロエミッション社会達成に必要となるエネルギー関連技術を分析した各国のエネルギー分野の政策提言を
 目的とした報告書です。(2006年の初版以降不定期に発行)

 

IRENA  International Renewable Energy Agency

◆Global Renewables Outlook(世界の再生可能エネルギーの展望)
 ・Global Renewables Outlook : Energy transformation 2050(2020年4月)
      ダウンロードはこちら(原文)   重要所見(日本語)
      

◆Roadmap for A Renewable Energy Future(再生可能エネルギーロードマップ)
 ・REmap2030(2016年3月)
      レポートの原文はこちら 

 **REmap2030とは**
 REmap2030は2010年~2030年の間に世界の再生可能エネルギー利用比率を倍増させようという計画。
 ここでは将来にわたって持続可能なエネルギーを確保するため各国々、地域の現実的な可能性について
 検討を行っている。世界中の国々、地域がそれぞれの再生可能エネルギーの可能性を分析し、最終的に
 それを全地球的に取りまとめた初めての試みである。(IRENA HPより)