家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機”エコキュート”の累計出荷台数800万台突破について

 
2022年4月14日
 一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター

家庭用 自然冷媒ヒートポンプ給湯機”エコキュート”の累計出荷台数800万台突について
 
 一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターは、家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート(※)」の普及拡大に取り組んでおりますが、本年 3 月末現在で累計出荷台数が 800 万台を突破(一般社団法人日本冷凍空調工業会による統計値)しましたのでお知らせいたします。

 「エコキュート」は、再生可能エネルギーである空気中の熱エネルギーを集めて活用する省エネルギー技術「ヒートポンプ」を利用した給湯機で、家庭で消費するエネルギーの約 1/3 を占める「給湯」分野において、大幅なエネルギー消費の抑制を可能にしました。
 2001 年に世界で初めて商品化されて以来、床暖房なども行うことができる多機能機種や省スペース型機種など、お客さまのニーズを踏まえたさまざまな特長を持つ機器を製品化してきました。
 また、2050 年までのカーボンニュートラルの実現に向けて、2021 年 10 月に改訂されたエネルギー基本計画、地球温暖化対策計画、パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略では、2030 年までのエコキュートの普及目標が 1,400 万台から 1,590 万台に上積みされたことを踏まえ、一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センターは、今後も引き続き、高い省エネルギー性を有し、地球温暖化対策への貢献が期待できる「エコキュート」の普及を通じて、電気の需要面における「エネルギー消費の効率化」を推進してまいります。

※「エコキュート」の名称は、電力会社・給湯機メーカーが自然冷媒 CO2 ヒートポンプ式給湯機の愛称として使用しているものです。
 

PDFダウンロード【印刷用】本ニュースリリースのPDF形式ファイル 

1.エコキュートの累計出荷台数の推移

     (単位:万台)             

 

     ※ 数字は小数点以下第1位を四捨五入

2.エコキュートの仕組み

 「エコキュート」はヒートポンプの原理を利用した給湯システム。空気の熱を熱交換器でCO2冷媒に集め、その冷媒を圧縮機でさらに高温にして、お湯を沸かす仕組みです。空気の熱を上手に活用するため、投入した電気エネルギーの3倍以上の熱エネルギーを得ることができ、これにより高い省エネルギー性と従来型給湯器に比べCO2排出量の削減も実現できます。

 
              ヒートポンプユニット      貯湯ユニット
  

(参考)ヒートポンプを巡る最近のトピックス

【国内の動き】 
 ○2021 年 10 月に改訂されたエネルギー政策におけるヒートポンプ式給湯器へ の期待

 2050 年にストック平均で ZEH・ZEB 基準の水準の省エネルギー性能が確 保されているとともに、その導入が合理的な住宅・建築物における太陽光発電 設備等の再生可能エネルギーの導入が一般的となることを目指す。
 住宅・建築物における太陽光発電は、需要と供給が一体となった利用を進め ることが重要である。
 その際、太陽光発電は発電が可能な時間帯が集中する ことを考慮し、電動車、ヒートポンプ式給湯器、燃料電池、コージェネレーション 等の地域の特性に応じた普及とともに、住宅・ビルのエネルギー管理システム (HEMS・BEMS)や ICT を用い、これらが、太陽光発電の発電量に合わせて 需給調整に活用されること(電気・熱・移動のセクターカップリング)が一般的となることを目指す。
 また、電動車の充電設備は、太陽光発電による発電時間と 駐車時間を合致させることも考慮して配備を進める。
 これら住宅・建築物にお ける取組により、電力システム全体の需給バランス確保に寄与する。
 また、ヒ ートポンプ式給湯器等の熱利用の省エネルギー対策と併せて、外気温に影響 されにくい地中熱、バイオマス熱等についても、地域の特性に応じて利用モデ ルを構築し、住宅・建築物への普及を促進する。
 さらに、電力供給の脱炭素化 とともに、くらしにおいて、エネルギー利用の効率化を前提とした電化、水素化 等も有効である。 



※パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略からの抜粋(2021 年 10 月 22 日)


【国際的な動き】
 ○国際エネルギー機関(IEA)によるヒートポンプの評価

 2021 年 5 月に、IEA は、COP26 議長国英国からの要請に基づき、2050 年カ ーボンニュートラル達成のロードマップを発表しました。
 このロードマップでは、ヒ ートポンプ技術に対して次のような記載があり、その役割に大きな期待が込められています。

(建物分野)
 ヒートポンプはカーボンニュートラル技術の第一選択肢となり、2050 年には世界の建物分野の暖房需要の 55%を賄う

(産業分野)
 産業用ヒートポンプは特に低中温度域の熱需要の電化に重要な役割を果たし、2050 年には世界の産業分野の熱需要の 30%を賄う

 詳しくはこちら
 Net Zero by 2050

この件に関するお問い合わせ先
一般財団法人ヒートポンプ・蓄熱センター 担当 渡辺
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目28番5号
ヒューリック蛎殻町ビル6階
TEL.03-5643-2402 FAX.03-5641-4501